前回の法定相続情報に続いてまたまた法務局へ行ってきました!

贈与契約書に確定日付を取るためです。

確定日付を取ることでその書類がその日に存在していたことが証明されるのです。

贈与契約書など亡くなる直前に相続税対策として遡って作成しているのではと疑われることも多いと思います。

確定日付を取ることでそういったあらぬ疑いを回避できるというわけです。

法務局に行き慣れていないので多少手間に感じてしまいますが、行ってしまえば5分程度で終わります。

1通700円の手数料で書類の日付が証明されるのであれば安いですよね。

ただし、書類の内容について保証されるというわけではないのでご注意ください。

次は税制改正についてまとめたいと思っていますがなかなか時間が取れずです・・・。

今年が終わらないうちに気をつけるところをまとめたいです!