今年度に入ってから市役所や税理士会や住宅展示場などで無料相談をさせていただく機会が多々あります。

かなりご心配のご様子で足を運んでいただくご相談内容で多いものが「不動産の売却」についてです。

売却額に純粋に税金がかかると考えてしまっている方が多く、所得税、住民税、健康保険税が恐ろしいことになるのでは!と恐怖の面持ちでご相談にお見えになります。

そもそも税金がかかるのは売った金額全体にかかるわけではなく、取得費というものと譲渡費用というものを引いた金額に対してです。

簡単に言うとご自身が購入された時よりも不動産の化学が値上がりした部分について税金がかかりますので、税金が出ないケースも多いです。

ただし、その不動産を購入された時の契約書などを紛失されていたり相続などで先祖代々受け継がれており購入した経歴がない土地などの売却になると取得費として売却価額の5%しか差し引くことができませんので税金が高くなってしまう可能性が高いです。

不動産を売却されるときに税金についてご心配な時はまずは購入時の契約書を探してください。

その契約書に書かれた購入金額よりも今回の売却額が大幅に安いときは深刻な税金の心配はない可能性が高いのでご安心ください!!

※建物は減価償却を計算するので購入額よりも低く売却しても税金の対象になるケースもあります。

ご相談にお見えになられる方にこのご説明をすると皆様、安心してお帰りになられます。本当に心配でたまらないというお気持ちだったのだなぁと思い、少しでも皆様のご心配がやわらげばと思い簡単にご説明させていただきました。